社会貢献事業 - CSR

生きる勇気と感動、感謝の心を伝えていくために生きる勇気と感動、感謝の心を伝えていくために

DACグループは企業として利潤を追求するだけではなく、次代に残る文化を創造し、力の続く限り社会貢献していくことを使命としています。1980年代より岡山県吉備郡竹の子村、鎌倉ラファエル学園、宮城県盛岡市太陽の村、そして愛の小鳩事業団などでのボランティア活動、具体的寄付、協賛、協力を行ってきたのは、その一例です。
さらに劇団やスポーツチーム、新鋭作家・画家への支援など、メセナ活動にも積極的に参画してきました。
2013年6月には、DACグループは創立50周年事業として、青少年や子どもたちに生きる勇気や感動、そして感謝の心を伝えていくために、一般社団法人DAC未来サポート文化事業団を設立。DACグループとして社会貢献活動を推進する組織として運営しています。

事例1

親子の日の協賛及び「親子の日 絆(KIZUNA)コンクール」の主催・運営

親子の日の協賛及び「親子の日 絆(KIZUNA)コンクール」の主催・運営

5月第2日曜日は「母の日」、6月第3日曜日は「父の日」であるように、写真家ブルース・オズボーン氏は7月第4日曜日を「親子の日」とすることを呼びかけています。DACグループはその理念に共感し、様々な企画を世界に向けて発信しています。 全国の小学生が「親子」「家族」を自由な発想で表現していただく「親子の日 絆(KIZUNA)コンクール」もその一つとなっております。

事例2

DACグループ代表・一般社団法人DAC未来サポート文化事業団代表理事 石川和則講演会の実施

DACグループ代表・一般社団法人DAC未来サポート文化事業団代表理事 石川和則講演会の実施

石川和則は自ら体験してきた冒険や経営を通じて学んだ、挑戦する大切さや感謝の心を、次代を担う全国小学生や中学生に伝えるべく、講演活動を行っています。

事例3

冒険写真展の企画・運営

冒険写真展の企画・運営

代表理事の石川が、1995年~2016年までに冒険仲間たちと撮りためた南極、北極、マッキンリー、他冒険写真を展示する冒険写真展を企画・運営しております。日本の子どもたちに大自然の美しさ、地球の素晴らしさを伝え、大きな夢をもった青少年に育ってほしいという願いが込められております。

事例4

囲碁クラブの運営

子どもからお年寄りまでが生きがいを持って暮らせる社会を目指して活動しており、“親子・家族の絆”も1つのテーマとしています。そこで、幅広い世代が交流を持てる機会を創出するため、「家族囲碁クラブ」を定期的に開催しています。

囲碁クラブの運営

囲碁クラブの運営

囲碁クラブの運営

囲碁クラブの運営

一般社団法人DAC未来サポート文化事業団 http://miraisupport.or.jp/